疲れ顔からさらば|目元のしわを一撃するアイテム

女の人

うるおいを取り戻そう

顔を触る人

スキンケアから始めよう

女性は肌のコンディションに合わせてスキンケアラインを購入するのが一般的です。一度はコスメカウンターなどでご自分の肌質をチェックしたことがあるのではないでしょうか。混合肌、乾燥肌、オイリー肌などいくつか種類がありますが、悩まされる肌質として「敏感肌」があります。夏の暑い時期でも、肌がパリパリするような敏感肌質の場合、オイルケアや美顔パックを日常的に行うことがおススメです。乾燥すると痒みを起こしやすく、無意識に引っ掻いてしまうこともあります。ちょっとした化粧の摩擦で痒みや痛みが出ることもあります。そこで肌を守るには肌の中に眠る水分量を増やす事が大切です。外部から補うことで、肌に「バリア」効果をもたらし、敏感肌を優しく包んでくれます。特にオイルは肌にじっくりと馴染んでくれるのでおすすめです。

洗顔も大切です

敏感肌に悩んでいると、ついつい洗顔を控えることがあります。確かに洗顔の後は顔が張るような感触があります。でもこれは洗顔フォームや石鹸を変えることで改善できます。特に乾燥肌寄りの敏感肌の場合には、優しい泡洗顔がおススメです。洗顔を控えてしまうと、化粧の残りカスやアクネ菌をきちんと除去できないので更なる肌荒れの原因になります。優しい泡の洗顔は汚れだけを除去してうるおいは肌に残してくれるので安心です。泡タイプの洗顔フォームも販売していますが、泡立てネットの使用もおススメです。優しい泡を自分で簡単に作れますし、無添加石鹸でもすぐに泡立てることが出来ます。敏感肌でもケアを間違えなければ肌荒れを未然に防げます。